HOME>注目記事>横浜のクリニックで受けられる体外受精の流れ

体外受精とはどんなもの?

横浜のクリニックで受けられる体外受精とは、体外で受精させた卵子を子宮内に移植するという不妊治療です。

横浜の不妊クリニックに通う前に、体外受精の流れを知ろう

卵巣を刺激して排卵を誘発

ホルモン薬で排卵をコントロールして行います。

卵子と精子の採取を行う

成熟した卵子と精子を採取し、受精の準備を整えます。

卵子と精子を受精させる

体外受精と顕微鏡受精の2種類の方法があります。

受精で得られた受精卵を培養

体内と似た環境のインキュベーター内で培養されます。

受精卵を子宮内に移植する

受精後2日から3日、もしくは5日培養された受精卵を子宮内に移植します。

政府の少子化対策

お腹

政府は、少子化対策の一環として、妊娠を希望する夫婦の負担を軽減することを目的とし、体外受精にかかる費用を国が補填するという製作を打ち出しました。この制作が画期的であるのは、妊娠するために100万円以上の費用がかかってしまうことから、それを国が補助することによって妊娠を希望する横浜の夫婦の負担を軽減し、なおかつ少子化対策とすることにしました。ただし、年齢制限や世帯年収には制限を設ける方針であり、利用できる人は限りがあります。

妊活の可能性を高める

お腹

妊活というのは、医師と夫婦が二人三脚で取り組むことが大切です。しかし、タイミング法だけでは限界があり、その次のステップとして考えられるのが、体外受精です。横浜の産婦人科では、希望する夫婦に対して体外受精による妊活を提案しています。費用はかかりますが、タイミング法よりも確実性が高く、妊娠の可能性を高めると考えられています。高齢出産に該当する夫婦であっても、妊娠の希望を捨てること無く、可能性を模索できます。

珍しくなくなった妊娠の方法

妊婦お腹

医学の進歩により、体外受精で生まれる赤ちゃんというのは珍しいことではなくなってきています。横浜の病院では、15人に1人の割合で体外受精による子供が生まれている中で、以前は不可能であったことを可能にしています。