HOME>ホットトピックス>国が支援することで、出生率を高めることができる

目次

成功率が高いと言われる

病院外観

1970年代の終り頃に体外受精が成功し、それ以降、世界中で不妊治療の一環として行われてきました。現在では、成功率の高さから体外受精が不妊治療の主流となりつつある状況です。特に、夫婦ともに健康であり、原因がわからないという場合には、タイミング療法よりも体外受精が選ばれています。卵子や精子に異常が見つからなければ、受精卵となる可能性が高いこと、それに加えてタイミング療法のような精神的な苦痛を伴う不妊治療に比べ、横浜のクリニックで導入されている体外受精は、精神的な苦痛を伴うことがないと言われています。

国も不妊治療を支援

日本の出生率は長らく丁重であり、政府はようやく重い腰を上げて出生率を高めるための制作に取り組むようになりました。政府が今力を入れているのは、不妊治療の費用を国費で賄うということです。不妊治療には高額な費用がかかり、横浜では多くの夫婦が治療費の負担に悩まされています。子供を持ちたいと願う夫婦のために、国は治療費を支援することを決めたのです。年齢制限や所得制限はあるものの、治療費のかかる体外受精の費用を国が補助することで、安心して不妊治療に取り組めるようになりました。